元号の候補にあがったが落選したもの

スポンサーリンク
元号 予想

【元号の候補にあがったが落選したものは?】

もうすぐ平成も終わりを迎えます。普段何気なく私たちが聞いたり使ったりしている「元号」ですが、終わりとなると何か寂しい気持ちにもなります。
さて、元号の変更には「元号法」に則り、皇位継承が行われた際に新しく決定されるわけですが。簡単にすぐに決まるという訳にはいきません。実際には有識者が候補を考えたり閣議で協議を行ったりしてから最終的に閣議で決定されるということになります。元号はどんなものでも良いというわけではなく、いくつかのルールが存在していまが、まず、覚えやすくわかりやすいものである必要もあります。日常生活でよく見たり聞いたりするものですから、わかりやすいというのはとても大切な要素です。また、良い意味を持つという点も大切な要素だと言えます。元号というのは、世の中が常に平和であるようにという願いも込められているものだと言えるので、この点も外せない部分だと思われます。いくつかの候補のなかから選ばれるわけですが、過去に落選した元号についてご存知でしょうか。例えば、昭和に決定した際に落選した元号だと、「神化」や「元化」、「神和」などがあったようです。次に、平成に決定した際の候補では、「修文」や「正化」などが候補として存在していました。しかし、最終的には「平成」を新たな元号として決定し、今に至っています。
現代の元号でも「明治」は10回、「大正」は4回も過去に落選しており、実は「平成」も幕末に1回の落選があります。過去最多の落選は「嘉徳」の40回です。

参考サイト↓

https://blogos.com/article/357594/
スポンサーリンク
元号 予想
sanchanをフォローする
元号一覧表と年齢早見表

コメント