元号は誰が決めるのか?

スポンサーリンク
未分類

【元号は誰が決めるのか】

新しい元号は、誰が決めるのでしょうか。まず言えるのは、誰かひとりの意思によって決定されるものではありません。最終的には、元号が改められるときの内閣が協議して新元号が決定され国民への発表となります。内閣の協議が行われる前に、有力な候補を決める過程があるのでご紹介しましょう。新たな元号を模索したほうがよい状況になった時点で、内閣総理大臣から複数の有識者に対して候補案を出すように要請があります。この要請は秘密裏に行われ、ここでの有識者とは文学や歴史などの著名な学者であり、ひとりにつき最大で5つ程度の案を出すように求められます。候補案は学者が独自に作成するものではなく、過去の歴史書などから引用されるのが通例です。有識者から候補案の提出を受けると、官房長官をリーダーとする「元号に関する懇談会」が開催され、候補案がさらにしぼられるのが基本です。この懇談会には学識経験者などがメンバーになっています。懇談会の結果として候補が少数に限定されると、内閣総理大臣によって衆議院と参議院の議長から意見を聞く段階となり、その後、内閣による協議となります。新しい元号には、いくつかの条件をクリアしなければいけません。まず、これまでに使われているものは除外されます。さらに、漢字で2字でなければいけません。書きやすいように、漢字の画数が多いものも除外されます。いろいろな過程を経て、最終的には内閣が決定しますが、どのような候補があったのかは基本的に公開されません。

関連サイト→平成改元 30年へて新証言

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190301/k10011830501000.html
スポンサーリンク
未分類
sanchanをフォローする
元号一覧表と年齢早見表

コメント